中国ニュースから見る個人間でのビットコインの増加について

公開日: 

ビットコインはもともとは中国で主に取引がされていたようです。

中国人の投資家だけでなく、個人もビットコインを購入したという噂があります。中国人民元の価値が下がりそうなときに、人々は人民元をビットコインに交換をして、価値の減少を防いでいたようです。

ところが、中国では2017年10月に規制が入り、取引所における人民元と仮想通貨のトレードが禁止されました。
そのニュースによって、中国のビットコイン取引量は一気に減少したようです。

しかし、中国でビットコインの需要がなくなったわけではなく、P2P(個人間でのビットコインのトレード)や香港の取引所を利用したトレードは行われているようです。中国の規制により人民元と仮想通貨のトレードが禁止されましたが、仮想通貨同士のトレードまでは禁止されていません。

個人間トレードのサイトなどを利用してビットコインを入手して、仮想通貨同士のトレードを行うということは可能となります。
ビットコインの取引量が多い国のトップ3は現在、日本、アメリカ、韓国となっているようです。しかし、これはあくまで公式の取引所におけるデータです。

個人間取引も含めると、中国ではあいかわらず活発にビットコインの取引が行われている可能性があります。

仮想通貨に反映されるアテンションエコノミー

ブロックチェーンを利用した仮想通貨AMPビジネスの展開

アテンションエコノミーとは、情報量に対して人々の興味が希少になっているため、そこに価値が生まれるという概念のことを指すようです。

インターネットの普及によって、人々は無限に近いほど情報を得ることができるようになりました。しかし、情報が多すぎるために、かえって人々は価値のある情報にも興味を示さなくなってしまうという問題も起きます。

逆に、あまり価値のない情報でも、注目を集めさえすれば価値が生まれることがあります。
現在の仮想通貨市場では、本当に価値がある仮想通貨が必ずしもランキングの上位に来ているわけではないようです。

うまく注目を集めて、知名度を上げることに成功した仮想通貨がランキングの上位に来るということもあります。

投資家は、その中から価値のあるものを見つけ出し、将来も生き残るものに投資をしなければ、暴落に巻き込まれてしまう可能性が高くなります。

ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨AMPビジネスも展開されているようです。
クレジットカードを持たない人、銀行口座を持たない人は世界ではたくさんいるようです。

ブロックチェーン技術を利用することで、スマートフォンを使って簡単にお金の管理・決済ができるようになります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑