ビットコイン(BTC)の価格推移の見方

公開日:  最終更新日:2018/08/16

取引市場で公開されているビットコインの相場は、移動平均線から見る買い時のゴールデンクロスと売り時のデッドクロスで構成されています。

ゴールデンクロスが投資に最適な時期とされており、価格推移のチャート右肩上がりの曲線で構成されています。

ただし曲線が長い程急激に相場が欄効果する可能性もあるので、取引を見合わせる判断が必要です。

反対に下降曲線が長いと一定のビットコイン相場で最安値を記録する事も多く、その状況からすぐに上昇傾向の曲線が長くなると見越して投資の判断が必要になります。
この分析方法をテクニカル分析と呼び、RSI数値を使って市場を把握できます。

RSI数値が70パーセントを超えると相場以上の価格になる事が想定され、RSIが30パーセントを下回ると現在の相場から大きく下回る事が予想されます。

ただしダイバージェンス法則に乗っ取って、高値と安値圏内の価格推移において変化の流れと経済の関係が反比例していると、その後市場が大きく反発する可能性があります。

なので特定期間の上り幅を上り幅と下がり幅を合計した物で割り、100パーセントを掛けてチャートからRSI数値を分析しておくとその後の市場の動きを分析しやすいのでお勧めです。

リアルタイムチャートから見るビットコイン

リアルタイムチャートから仮想通貨のレートを調べる

リアルタイムチャートではビットコインの売値と買値に加えて、スプレッドと一定期間内の時価総額のデータが閲覧できます。

スプレッドとは買値と売値の差額でビットコインの取引所によって差異があり、変化の状況は上ヒゲと下ヒゲの付いたロウソク足のグラフから判断できます。

上ヒゲと下ヒゲが長くついている時は急激な相場変化を構成している事が多く、ロウソク足が長い時は安定した時期がある事を表しています。

なのでヒゲの長さとロウソク足のグラフがそれぞれ長いと、市場が不安定な状態になっていると判断できます。

リアルタイムチャートは1分足から月足や年足まで設定した上で閲覧でき、経済状況を照らし合わせてファンダメンタルズ分析を行いましょう。

また変化の推移を参考にする時に変動比率を調べる方法もお勧めで、上昇傾向の時には数値がプラスになり下降傾向の時にはマイナスの数値を記録しています。
さらに時価総額の閲覧は市場取引の積極性も分かるので、大きな変動の指標になる大規模取引額は注視してください。

これらの分析と同時にチャートを掲載している場所によっては、取引所間の価格差が掲載されているので、ビットコイン取引の参考データとして留意しておきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑