ビットコインと銀行の関係

公開日:  最終更新日:2017/07/12

仮想通貨であるビットコインを知るのであれば銀行との違いを把握しないといけません。基本的に銀行は利用者がインターネットバンキングを使い銀行システムを使うのです。しかしシステム自体を利用者が見ることができない仕組みとなっています。
一方ビットコインはというと銀行のような中央機関が存在しないのです。本体となるものはビットコインを使用するパソコンにインストールされています。送信情報といったものはプログラムが制御し、自分たちが情報を確認できるのが大きな違いです。誰にビットコインを送ったのかも確認できるため、銀行よりも使いやすいと言えるでしょう。
また中央機関が存在しないことで手数料が非常に安いです。送金する時はブロックチェーンと呼ばれるものを使いますが、こちらはビットコインシステムに参加するパソコンで検証して送金を行います。10分毎に送金依頼情報がレポートされるのです。
銀行はお金を下ろして使いますがビットコインは仮想通貨なので実物がなくネット上で利用できます。最近は店舗でも使えるところが増えているため、現金支払いの新たな手段としても用いられているのです。

特徴とライバルを知る

企業が発行するMFUJコインのビットコインに対する影響は

三菱UFJ銀行グループでは新たな仮想通貨としてMUFGコインの発行を予定しています。主に一般ユーザー向けの発行であってビットコインのライバル候補として注目を浴びているのです。日本国内での発行をすれば少なからずビットコインにも影響が出てくるでしょう。
自由に使えることが最大のメリットであるビットコインですが、信頼性や処理速度といった課題を抱えています。大手企業が管理する仮想通貨であれば、上記の問題をクリアできるため注目されているのです。
しかしビットコインも日本政府が正式に貨幣として認定をしたので、より使いやすい通貨となりました。さらにビットコイン研究所といったコンテンツも開催され、以前よりもオープンな存在になっているのです。ネットのレポートによれば世界中にばらまかれているビットコインは突如廃止される自体もないため安全となっています。
ライバルであるMFUJコインのメリットを解説するといきなり大規模な通貨が誕生する、そして周辺の対応サービスも構築されやすいところにあるのです。これから投資を考えているなら準備金を用意し、MFUJも買い付けておくと安全と言えるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑