ビットコインはドルとの相場の市場が大きく活発に動いている

公開日:  最終更新日:2017/03/07

ビットコインは現実の通貨と同じように取引がされていて、特にドルとの交換が非常に大きなものとなっています。
1Bitcoinが1000ドル近い金額で取引をされていて、仮想通貨でありながら非常に高い価値を持っているものとなっています。
ビットコインは短期間で大きく暴騰をして、2013年には1000ドルを超えました。
ところが短期間で給湯しすぎたこともあり、その後は暴落をすることになり300ドルを割り込むほどになってしまいました。
しかし、そこから再度切り替えして再び1000ドル近辺での推移をすることになったのです。
ビットコインに魅力というのは、このように非常にボラティリティが高いという点にあり、値幅取りのチャンスが大きいという点にあります。
価格が大きく上下するということは、大きな損失を出すリスクが有る一方で大きな利益を手にするチャンスもあるということですから、ビットコインの将来性に注目をした投資家のみならず、その値動き自体に着目をして利ざやを抜こうとしている投資家たちによって活発に取引をされています。

ドルとの相場の市場が動いている

ビットコインや仮想通貨の投資は非常に大きな魅力がある

ビットコインや仮想通貨に投資をするというのは、非常に大きな魅力があり何十倍にも膨れ上がる可能性を持っています。
その逆のことも言え、元々価値のなかったものであるだけに市場の参加者から価値が無いものとされてしまうと、価値の裏付けがないだけに大暴落を引き起こすということもないわけではありません。
そのため、リスクも大きなものとなっているわけですが仮想通貨の将来性を考えれば、普及期に差し掛かった今現在が投資をする絶好のタイミングとも言える状況であり、失っても構わないと思える金額であれば投資をする妙味は十分にあると考えられます。
最悪価値がゼロになってしまう可能性はありますが、その一方でこれからも何倍にも何十倍にも価値が跳ね上がることも期待をすることができるため、今現在仮想通貨が置かれている状況を考えると伸びしろは大きいといえます。
ボラティリティが大きいので、短期的に大きな金額を投入するのはかなりリスクの高いものとなってしまいますが、長期的な視点で失ってもかまわないと思える金額を投資する分には非常に大きな魅力があるといえるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑